writed by TAKAMIZAWA



      
       

高見沢美穂   Miho Takamizawa  

高見沢美穂(伊藤美穂)は女子美術大学院時代に陶造形領域を専攻し、修了作品では、大地の中から空に向ってどこまでも伸び続けるような黒土の巨大な陶造形を数十本制作し、笠間芸術公園内の「陶の杜」の檜林の中にも「黒い生体」という陶造形を群生させています。2002年より「KOBAKO」シリーズを中心に展開し、手の平に乗るようなサイズの家や木々、鳥などの陶箱たちは、まるで新しい街づくりを思わせます。「KOBAKO」と平行して作られる陶のボタンや器、レリーフなどは「和モダン」を意識した独自の感性で日常を彩り、また高校の壁面には壁一面に敷き詰められた「森」をイメージした陶壁が、様々な物語を連想させます。現在は3才になる娘との土遊びの中で「陶芸」の面白さを再認識しながら、心あたたまるものづくりを目指しています。
「KOBAKO」(2010)

「KOBAKO(鳥)」(2010)
「KOBAKO」(2006)

1974年
1997年
1999年
2002年〜
東京生まれ
女子美術大学芸術学部工芸科陶芸専攻 卒業
同大学院陶造形領域 修了
伊藤公象主宰の伊藤アトリエに所属(茨城県笠間市)

●主な個展
2004年
2005年
2006年
2008年
2009年
「KOBAKO」展 伊藤アトリエ/笠間
「KOBAKO」展 ギャラリーエス/表参道
「高見沢美穂」展 Za Gallery文京/千石
「KOBAKO」展 FALL/西荻窪
「KOBAKO」展 ギャラリーit 's/代官山

●主なグループ展
2002年

2003年
2004年
2006年

2007年

2008年
2009年
2010年


2011年
「女性陶芸家6人展」 Za Gallery文京/千石
「RELACLAYTION」 松屋銀座
「日々を彩るものたち」  Za Gallery文京/千石
「フタモノ展」 スパイラル/表参道
「カシヲリ」展 ギャラリー工/新高円寺
「ルチカマーケット」 ルチカポウム/学芸大学
「キンチャク」展 ギャラリ工/新高円寺
「Hertful Winter」 フォーラムアートショップ/有楽町
「ソレカラ」展 女子美ガレリアニケ/新中野
「サンカク」展 ギャラリー工/新高円寺
「Birds are twittering♪」 名古屋高島屋
「クリエイターズクリスマス展」 銀座三越
「おでかけ」展 ギャラリー工/新中野
「インテリアから日常使いの器まで~伊藤アトリエ」 マイルストーンアートワークス/富山
「伊藤知香・高見沢美穂」展 銀座松屋

●その他
2002年
2006年
「土の記憶より」陶造形を屋外設置 陶の杜/笠間芸術の森
「森の音色」陶壁を設置 高萩清松高等学校


高萩清松高等学校での陶壁作品
「KOBAKO」(2011)

↑top